--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-11

ヴォイ出演作品2

心焦がされすぎて大変です。
最近では特にプラダを着たマカヴォイの眼鏡姿。
ありがとうプラダさまさま五体投地≡≡≡(    ε:)

『ペネロピ』『ナルニア国物語第一章』『フィルス』の三本。
ネタバレ宝物庫です。



○『ペネロピ』 ヴォイ要素:堕落(軽度):
ヴォイの画像をググると必ず出てくる王子様フェイスの奴は一体誰なんだ!?
そうです、ペネロピのマックスくんです。
この髪型のヴォイさんは今のところこの作品でしか見ていないんですが、
なんですかねこのプリンス感は。
これでYOU'RE MY SUNSHINEって歌うんですよ?
コロリと一発ですよ。
若いということと、そもそもヴォイは役柄によって印象がガラリと変わる人
ですが、やはり髪型って重要なんだなあと。
本当に、なんですかねこのプリンス感は。

このマックスくん、お金が無くギャンブル中毒で、ペネロピの家で初版本を
盗んだりするので準クズ候補に入ったんですが、とんでもございませんでした。
こんな良いヤツってヴォイの役柄になかなかいません。
なんだかキラキラしすぎて眩しいくらいです。

ペネロピはとにかく服や部屋のデザインが可愛いし、彼女が探検する
世間はとても輝いていて、いいな~旅に出たいな~~!!という気持ちに
させてくれます。
お伽噺を見ているような感覚でいれば、明るくて気持ちのいいお話です。
可愛いヴォイの純粋ラブストーリーが見たい方は、是非!


○『ナルニア国物語第一章』:裸(?)、涙目、負傷(尋問):
作品自体はとても有名ですね!2回くらい地上波含めて見ていたような
気がしますし、タムナスさんって記憶にあったんですけど、
いやマジかタムナスさんか…
今見れば確かにヴォイ。
しかし、いくら良いフォーンとはいえ痛めつけられるのは避けられないんですね(涙)
また珍しくクズ要素が無い良い人…良いフォーン役なんですけどね……アレッ

DVDの特典、NGシーン集がめたくそ可愛かったです。
ルーシーかわいい~~タムナスさんとはずっと良いお友達なんでしょうかね。



追記で『フィルス』。R18ですご注意。やばいね!☝


more...

スポンサーサイト

2014-07-01

ヴォイ出演作品

「ヴォイとファスさん出演作品」の続きです。
もちろんネタバレしかしてません中尉注意です。


・『ビトレイヤー』 ヴォイ要素:負傷(流血)、堕落(精神的):
ヴォイは警察官マックスの役なんですが、上の(独断と偏見で勝手につけている)
ヴォイ要素の少なさの通り、あんまり印象に残らない役というか…。
まず十八番の涙目と裸が有ったか無かったかも思い出せないんですね!
作品自体も、う~ん??結局どういう話??
主人公と彼のトラウマの原因とのタッグで派手なガンアクションさせたかっただけみたいな。
でも古傷に悩まされるのイイネ!


・『ラスト・キング・オブ・スコットランド』 :負傷(流血・拷問)、涙目、濡れ場、裸、嘔吐:
実在したウガンダの大統領・アミンの人物像とその暴虐性について、架空の人物である
スコットランド人医師・ギャリガンの視点で描いた作品。
ヴォイはそのギャリガン役なんですが、まあ若気の至り小僧で。
目を瞑って地球儀を回して、最初に指差した国に行くといってカナダでガッカリ。
ウガンダで「おっ…!きたきた!」という顔。
終盤でアミンに「アフリカにゲームしに来たのか?」というようなことを言われ
責められますが、まあほぼ図星ですよね。
そんな甘ちゃんお坊ちゃんに待っていたのはウガンダという国の厳しすぎる現実。
ひょんなことからアミンのお抱え医師になるけれども、次第にアミンの人格は破たんしていき、
暴虐的な面が表出していきます。それはギャリガンに対しても容赦なく向けられ、
追いつめられた彼はアミンの殺害を計画するも失敗し、粛清の対象となります。
でも何でそんなことになったかって、ギャリガンくんたらアミンの妻(第何夫人)と寝た挙句に
妊娠までさせちゃったんですよ。
彼女は何とか堕ろさなければと、ロクな技術のない村で試みた結果、失敗して
アミン監視下の病院に運ばれて凄惨な死を遂げます。
この夫人の死は事実だそうで、バラバラというのは逸話だった…かな…?
そういう話もあると。映画ではその原因はギャリガンくんですがね。
一国の主の信頼を得て調子づいていたとはいえ、自分のことを「ただの医師のくせに」
と言ったり「家族だ」と言ったり、明らかにおかしくなっているアミンから逃げ遅れて
しまったことには少々同情しますよ。でもやっぱ自業自得だわ。

そんな準クズ・ギャリガンくん、殺害計画がバレて容赦ない拷問を受けるわけですが、
なんとこの拷問シーンでヴォイさんが過呼吸起こして失神したとの情報をちらっと
目にしまして。
どんだけ痛いかを想像しながら演じたら確かにちょっと…気が遠くなるかも…;;
というくらい痛そうな拷問でした。ヴォイさんの憑依力すさまじい。
『トランス』での爪はがし拷問の時は大丈夫だったのかな??

そう、『トランス』といえば、アンダーヘアーが見えたと大騒ぎしたのですが、
この作品では何とまあ、
ブツが見えました。
ひえ~~~~~~~~~っと叫んで急いでシークバー戻して再確認しました。
ブツが見えました。
引きだったんでそんな詳しい様相は見えなかったのですが、寝間着を脱いだ
ときに揺れたあれは間違いなくち
好きな俳優のソレを見る初体験は『SHAME』でのファスさんで
済ますことになるだろうと思っていたのに予想外でした。
もう何も怖くない。(震え)


追記で『つぐない』。



more...

2014-06-26

ヴォイとファスさん出演作品

チャールズとエリック好きになったら、あれよあれよとジェームズ・マカヴォイと
マイケル・ファスベンダーにもどっぷりどっこいしょ!\\└('ω')┘//

毎週月曜日に歯医者とツタヤに通って数週間経ちます。
ということでネタバレしつつ備忘録。


○ファスさん出演作品○
見たのが少ないのでこちらから。

・『プロメテウス』
総評として「うわエリザベスつよい」。腹かっさいばいた後なのに何であんな動けるの??
そしてファスさん演じるデヴィッドくんは、知識欲というか知的好奇心というか、
とにかくアンドロイドの割にはそういったものが旺盛で。
しかしアンドロイドなので人体実験に躊躇いが無い( ◠‿◠ )
彼の所為で大変な事態になるんですが悪びれる様子無し。さすが。

ブロンドヘアー似合ってるし、きびきびした動作や大体サンダル履いてるのとか
アンドロイド萌えな身としては非常に好きなファスさんなんですが。
そういったキャラクターの宿命として必ずと言っていいほどパーツ損失するんですね。
機械だからもげても大丈夫!といって何も首をもがなくても
しかもデヴィッドくんの可愛さ最高潮といってもいいところで。
守りたかったあの笑顔。
ですがそこはアンドロイド。パーツもげても大丈夫!たとえ首でも!!
生命回線?とやらがそれでも切れないってすげえなという感じですが、
機能してるしエリザベスに助けを請います。こいつやりおる。
エリザベスはエリザベスで全く懲りてないなあ。エイリアン産んだのに…。
この二人が一緒に行動したその行く末が気になるところ。
とりあえずデヴィッドくん可愛い。


・『イングロリアス・バスターズ』
ツタヤでは戦争映画のジャンルに置かれていたこの映画、150分超という長さにも
関わらずかなり高評価だったようで。
何となく、とにかくナチをけちょんけちょんにしてやったぜ!みたいな内容に思えて
(戦争映画ってそういうものですかね?)私にはあまりヒットしなかったのですけど、
ブラピ演じるアルドの歪み無さが好きです。

さてファスさんはどうかというと、英軍のアーチー・ヒコックス中尉役。
ファスさんの名前、DVDパッケージ(珍しいことにドイツ読みの"ミヒャエル"表記)に
けっこうでかでかと見えてたので、明らかにメインキャストだと思って確実に100分は
出てるものとして観始めたのですが。
登場が遅い(第4章あたり)。
しかし焦らされたぶん、最もハンサムな顔1位に選ばれたそれはまるでご褒美ですよ。
バスターズと関わるみたいだし、活躍はこれからだね!とうきうき。
早速お得意のドイツ語をペラペーラと披露するし(ドイツ軍人にアクセントが違うとバレる
シーンなのですが、これって本当に違うのかな?)、何言ってっかさっぱりだけど
きゅんきゅんきてヒートアップ。
ところが一気に不穏な展開になり、おやおや??おやおや??と見守っていたら
出ました銃撃戦~~画面が動きすぎて何も見えない~~~( ◠‿◠ ≡ ◠‿◠ )
終わってもバスターズ側だれも起き上ってこないなと思ったら
アルド「俺達の側で生き残りはいるか!?」
生き残りドイツ軍人「いない!!
 !!!????
おっっっかしいなーーー撃たれたとこ見えなかったし死体も映ってないけどなーーー
いや映ってたけど見つからなかっただけかなーーもしかして実は生きてましたオチかなーー
おっかしいなーー………

20分いたかいなかったか。非常に速やかな退場でしたヒコックス中尉。敬礼。
(結局エンドクレジットでもメインキャスト位置)


・『悪の法則』
これ、この邦題と「悪の法則を操っているのは誰なのか?」という宣伝文句を考えた
人のセンスすごいですよ。原題ただの「The Counselor」ですよ。
このタイトルのどちらを意識するかによって物語の見方がかなり違ってくると思います。
何ぶん主人公の名前がまずただの「カウンセラー(弁護士)」なもので。タイトルまんまです。
原題を意識して見ると主人公の弁護士の視点で物語を見ていく形になります。
弁護士に訪れた人生の転機。その転機にかかわった人物たちに訪れる破滅。
「金持ちがさらに欲目を出してやんちゃするとこうなる」「人生何が起こるか分からない」
「悪い事してっといつか必ず報いがくるぞ」「女は怖い」
感想はざっとこんなもんで、でも雰囲気嫌いじゃないので個人的には原題支持です。

対して邦題を意識すると、原題の方にはなかった「黒幕」の存在が最初から示されています。
主人公やその彼女も怪しいと疑念を抱きながら観るので、こちらのほうがワクワクは
するかも。どんでん返しも期待できますし。
ただまあ元がサスペンスやミステリーという方向性を持ってはいないので途中から
「もうコイツしかいないだろ黒幕」と分かってしまうのが何とも。
最後もやっぱお前かい、ってなりますし。
雰囲気映画を脱しているぶん、ストーリー性に期待しすぎるとションボリですかねえ。

日本人も興味を示しやすいように観る人の目線の向く先を変えたこの邦題は
とにかくグッジョブです、がしかし、私としては「The Counselor」がオススメです。


・『300(スリーハンドレッド)』
ステリオス!!!!!!!!!
ファスさんこれが映画デビュー作って鮮烈すぎて衝撃的ですよ…ちょい役かなと
思って見たら全然もう最後の最後まで存在感がギラギラしてて…。
隊長の息子と仲良くしてるの可愛いし若々しいし戦う姿かっぴょいいし。
そして恐らくは出演作の中で今のところ一番マッチョです。
細マッチョに変わりはないんですが、腹筋バキバキですよ。
ああ~~~~~sexyyyyyyyyyyyyyy!!!!

金髪イケメン・ディリオス役のウェンハムさん、絶対どっかで見たと思ったら
ロード・オブ・ザ・リングのファラミアでした。
ディリオスは今公開中の続編・『300:帝国の進撃』にも出ているようです。
たぶん、たぶん観ないですが…どうなってるのかは気にならなくも…(´◡`)

映像美と男どもの筋肉が光るこの作品、向こうのホラーやスリラーよりよっぽど
グロくはないというか気持ち悪さは少ない(チョンパはとにかく潔い)ので、ぜひぜひ。


追記でヴォイ作品ちょろっと。

more...

2014-06-12

えっくす!

X-MEN:フューチャー&パスト(DoFP)!3回観ましたがまだまだ観る気満々です。
例にもれずネタバレし放題です。
腐発言あり。




○X-MEN
地上波放送というのは本当にありがたいときにはありがたいもので。
DoFPはゆっくり観ればいいやーと思っていたのに先行上映チケット買って
初日のチケットも買ってと週2回観る結果となりました。
とりあえずチャールズとエリックよく泣くな二人とも。
FCから思ってたけど。エリックの泣き顔が忘れられないですあの泣き笑い。
あとローガンがね、さすが未来から寄越されただけあって、指導者たらんと
心に訴えかけるようにチャールズに語りかけるのがね。ぐっとくる。

字幕と吹き替えではやはりセリフのニュアンスや情報の多さが違ってくるので
その違いを楽しむのもいいものです。
どちらかといえば字幕派ですが、今回は吹き替え版でもかなり涙腺緩みました。
慣れ親しんだ日本語なので、そのぶん込められている感情も伝わり易くて、
チャールズとプロフェッサーの対面シーンなんかは本当に泣けて泣けて。
祖父が孫に、父が息子に話しているような感じで…
「頑張らないといけない」じゃなく「頑張ってみてごらん?」っていう…そういう…
OH語彙力


なんか一体何から書けばいいか分からないので、こんな時こそキャラ別!

・アイスマン
冒頭のバトルシーンでボビーが出てくるところ、3回観て全部で涙ぐんでまして、
ファイナル・ディシジョンからどれくらい年数経ったか調べないと分かりませんけど
成長したなあああああああああお前ええええええええええええええええ
めっちゃ能力使いこなしとるよおおおおおおおええええええええええ;;;;;
それがアルティメットセンチネルさん( )によってあんな無残な…無残な………
最後の最後ほんとうに救われました。

・キティ
彼女が受け持つ役割の比重があまりに重すぎて、重すぎるあまり感覚が麻痺
してきました。だって彼女の存在と能力無しではこの脚本の一切合切が
成り立っていないわけで、まあそもそも原作のDays of Future Pastが生まれていない
わけで、なんだろう彼女は女神か??聖母???
MVPなんてもんじゃないな…この世界における生態系の頂点に君臨しているな…
とまあマトモなことが考えられなくなりました。
キティさま万歳。ありがとう。男性陣と並んだときの小ささがめちゃくちゃ可愛いです。

・その他、未来で活躍する子たち
ブリンクが割と能力的にかなり優れているんだなあと描写で伝わったんですけど、
ウォーパスさんどうしました?????
キャラ紹介見たらすごいチート戦士だったんで期待してたら全然…あの…
あの説明にあった能力のうち描かれてたの策敵くらいなものなんですけど……
あれフルで発揮したら絶対かっこいいじゃあないですか!!!!!
ナンデ!!?ウォーパスナンデ!!!?
あとサンスポットさんが「ウワアアアアアアアアアアアア!!!!!(ょゎぃ)」しか言ってないように
思えるくらいその印象しかない。

・マグニートーとプロフェッサー
流石にこの状況下では手を組んでいるお二人。
この二人の間にある空気がたまらないです。言葉にしようがないあの空気。
これは老年期のお二人にしか出せないものです。
終盤で交わす握手とマグナスの言葉が切ないのなんの……
確かにもっと早くに手を組んでたらこんなことにはならなかった、かも。
そんなの関係ねえとでも言うかのような、わかっとらん若年期の二人がね!まったく!

・レイブン
今回アクションが光り輝いていた子。
ジェニファーの柔軟性すばらしすぎるでしょうあの華麗なる脚技。
ベトナムの将校から変身するあのシーンめちゃくちゃ好きなんですけど、ぜひ
メイキングが見たいです。男性の俳優さん同じ動きしてドヤ顔してるのかなって。
それにしてもエリックとチャールズとの間に挟まれてなんとも…いやエリックのことは
忘れていいと思います。彼はフォローのしようがないです。
今後も重要な位置にいそうなレイブン。チャールズと共闘してくれないかなあ。
  忘れられないのが軍にいたアレックスなんですけど、彼この2、3年で
なんだか大人っぽくなってませんか!FCの時は少年な顔つきだったけど、DoFPでは
少年の「面影」を残した青年って感じに。能力も完ぺきに制御してるし、彼めっちゃ
かっこいいっすよハボック…!続編に出てこないかな~ぜひ学園にいてほしいなあ。

・バンシーとリップタイド
な ぜ だ よ
後者に関しては名前すら出ないわ

・ハンク
自在に変身できるようになってるーーーーいいねいいね!!!
チャールズのお世話係になってるのなんか…ごめんねありがとうね…
わたしはチャールズの何なんだ…なんでもないわ…

・ローガン
今作での苦労人。
ヒューさん相変わらずのワイルドさと可愛さを兼ね備えた素敵なウルヴィを
見せてくれてほんとうに感謝。舞台あいさつでの突然の同窓会も許せちゃう。
ただアクションに関しては今回はあんまり出る幕無かったなあとションボリ。
アダマンチウムまだだし歯が立つ相手がペンタゴンの看守くらいじゃ仕方ないね…。
ウルヴァリン3楽しみに待つよ!

・クイックシルバー
大興奮ですよ。
大 興 奮 ですよ。
どう考えても興奮するしかないですよ。
彼すごい奴だぜ……。彼の活躍するシーンは(マグニートーが能力を使うシーンを
除けば)この映画で1番好きですし、人々がアナ雪レリゴーのシーンだけでも観てほしいと
言うように、私はこのシーンだけでも観てほしいと思っています。
しかも笑いどころです。楽しい要素が詰まりに詰まった至高のスローモーション。
ぜひ劇場でお楽しみください


すでに次回作が決まっているそうで。アポカリプス!
しかもFCの正式な続編だそうで1980年代が描かれるとな。
パンフレットに載っている原作の内容紹介を見るとすごい不穏なこと書かれている…^^
しかし、脚本の方によると次回作はラブストーリーだそうなので。
誰と誰とのかは、言わずもがな♡(腐敗)
ということで追記でその二人のこと。




more...

2014-06-10

洋画備忘録その2

備忘録の役目すらも果たさなくなったこのブログ、久方ぶりに更新してみます。
例によりひたすらネタバレしています。
腐発言あり。


○ジェレミー作品
あれから増えたのは『ヘンゼル&グレーテル』 『アメリカン・ハッスル』くらいですかね。
ヘングレはB級の香りがふわっと漂う作品ですが、ゴア表現が苦手でなくジェレミー好き
ならオススメできます。かる~~く楽しみたい時に見ると良いですね。
ただジェレミー演じるヘンゼルがどことなく頼りなくてwww
お菓子食べさせられすぎて糖尿病になってしまいインスリン注射が欠かせないという
設定が…www
アメリカン・ハッスルは、カーマインがなんとも可哀そうな…ww
詐欺師ふたりが警察にひと泡吹かせてめでたしめでたしになってるのは良いとしても…
まあいくら町のことを思ってとはいえ汚職に手を出したらいかんということですかねえ。


○アベンジャーズ系列
『アイアンマン3』『マイティ・ソー:ダークワールド』『キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー』

アイアンマン3はとっくにBD発売されていて当日に購入したんですが、特典がまさかの
Android未対応で物凄いショックを受けまして、ジャーヴィスアプリに関しては未だに
未練たらたらです(:3っ    )っ
社長がアベでの襲撃事件で割と心に傷を負ってるのがなんともまあ…守りたいそのハート。
今回はローズも活躍がたくさんあって良いですね、バディな感じ!
ラスボス戦の最後をポッツさんが掻っ攫っていったところでボーン・レガシーを思い出した
のは私だけではないはず。向こうの映画(特にアメコミ)の女性は強い。
しかし何を差し置いても序盤でマリブの邸宅が吹っ飛んで社長が海にドボンした際に
アーマーの腕部分が外れて社長の腕を掴んで引っ張り上げるというすなわち
ジャーヴィスが機転を利かせて救出したあのシーンが最高ですよ。何を差し置いても。
作品を経るごとに愛しさが増していく一方ですあの人工知能。


ダークワールドでもやっぱりジェーンっょぃという感じでしたが、いやいやロキちゃんも
負けてない。彼のはっちゃけっぷり半端じゃない。もういっそこれキャラ崩壊ではないかと。
どんくらいはっちゃけたかといえば、ノリでキャップに変身してしまうくらい。
(このシーンで上映中に黄色い悲鳴を上げないように踏ん張った人は何人いたのか)
結論として、「ロキちゃん(憤怒)」という感想が一番正しいのだと思います。
前作よりもかなりコメディタッチで、賛否両論分かれるかなあと。


ウィンターソルジャーは物凄かったです。珍しく日本でも高評価だったようですね!
勤め先の映画館は洋画が弱いのですが、これはそこそこの動員を保っていましたよ。
何といってもアクションの進化が!素晴らしい。
キャップのアクションはもちろんなんですがウィンソルのメタルアームを駆使した
アクションもたまらんです。車から放り出されて地面に着地した時のアレ!!とか!!
前作で特にバッキーには注目していなかったのですがウィンソルがあまりに
可愛くて性的で一気に持っていかれました…記憶消されるところとか薄い本が
厚くなってしまうやつではないですか。
ストーリーとしては、まあ単純にヘイル・ハイドラ!ってやつで、何も複雑なことは
なかったです。スティーブとナターシャの兵士やスパイとしてではない感情の動き
とか、なんというか人間らしさが描かれていたのが良かった。
ペギーとの再会は流石に泣かざるを得なかった…哀しい…でもありがとうございます…。
あとフューリーの車の人工知能くんがグッジョブでした。「エアコンは快調です」

セバスチャン・スタン氏めっちゃくちゃSweet guyすぎてYoutubeで漁ったんですが、
Kingsでのジャック・ベンジャミンとPolitical animalsでのT.J.Hammondが共にゲイで
しかもキスシーンも……あんな甘いお顔でそんなことされてしまうと私はもうどうしたら。
悔しいことにどちらも日本語版は見る術が無いのですが、KingsはNBCの公式で
本編動画がアップされているので、PCが重さに耐えることが出来れば視聴できます。
1話を見たところどう考えても途中なのにぶっつり動画が止まってしまってションボリ。
あと第2話がないwwコメントでも突っ込まれてました。
ゴシップガールとワンスアポンアタイムは日本語版出てますね!
前者は今のところ食指が動く気配は無いですが、後者はそのうち借りて見ようかなと。
それにしてもセバスタ、顔色悪い役が多いなあと思ったけど、確かにそういうメイクも
してるんだろうけど、どう考えても元々の顔色があまり良くない…(^-^)
画像検索してみると時々ギョっとなることがww
顔色良くて屈託なく笑う役やってるセバスタ見たい。
続編楽しみですねウィンソルとの共闘あるか!?


○アメイジング・スパイダーマン2
これはIMAXや4DXで!ぜひとも!観たかった!!!!
前作のもそうですがスパイディ視点での空中移動シーンは本当にヒュンッとなって
良いですね!!ヒュンッ!!
ストーリーも良かったです…。ちょっと辛すぎやしないかと思いましたけど…。
スパイディのあの陽気さに陰が加わることで魅力が増すのもまた事実。
エレクトロの特殊メイクと視覚効果はかーなり不気味でゾワッときましたね!
目は白黒反転するととても怖いというのが改めて分かりました。
ジェイミー・フォックス良い味出してます。
ピーター役のアンドリューとグウェン役のエマが実際にお付き合いしているのを
知っていると、ふたりのデートシーンがさらに微笑ましい。別れ話をしたカップル
とは思えないあの雰囲気、幸せですなあ。
あと劇中のBGMがいやにカッコいいなと思ったら出ましたよ。ハンス・ジマー氏。
とことん氏の作曲は私のツボをドスドス突いてきます。

ところで映画館でバイト中に、アメスパ2鑑賞後のお客さんがことごとく
同じ言葉を言うので、一番ネタバレしてはいけない所を盛大にネタバレされた
形になり、映画館バイトの弊害が増えました。面白くも切ない現象でした。
全く自由ですけどね何を話そうが!それにしたってみんな同じこと言いすぎですよ!
言いたいのは分かるけど!ww


○ホビット
アベンジャーズ以来の熱をもたらしたのがこの作品。
UAはエクステンデット・エディションを買い、DoSは4回鑑賞しました。
これぞ冒険活劇。何回見ても飽きない、楽しさ満点の作品です。
しかし、どうしても気になって仕方なくて3作目のネタバレを見ました。
しばらく涙腺が狂ったかというくらい泣いて過ごしました。
12月13日に世界に先駆けて日本公開が決定したということで、なんとも喜ばしいですが、
早めに覚悟を決めておかなければ。
みなさまどうぞハンカチとティッシュをお忘れなく。

とにかくキーリとフィーリの兄弟が可愛いったら可愛いったら。かわいい!!!!!
DoSでキーリが負傷してからほぼずっと横にいるフィーリほんとお兄ちゃん…。
字幕だと「彼(キーリ)も仲間だ」となっているところが吹き替え版は「弟が大事だ」と!
おおブロマンス…すばらしき兄弟愛…。
エイダンとディーンも仲好しさんでお姉さんたちは嬉しいぞ♡♡最高の餌場だ♡♡
しかし二人ともやはりTVシリーズ出演が多くて追っかけられない…。

トーリン役のリチャード・アーミティッジにもかなりハマってきてまして、
例にもれず日本語版出てる作品少ない!
特殊メイクを取ればこんなに美形、ってよく言われてますがまあその通り。
トーリンだってかなりカッコいいですし瞳の綺麗さはむしろ際立っていますけど、
お髭がなくて普通のおでこと鼻になって身長が元に戻るとですよ、あんな、あんな
美しいお顔とすら~っと高く鍛えられたお身体がですよ、インタビューで
出てくるんですよ?軽くコンフュですよ???しかも40代??????
そんな彼を堪能できるのでオススメなのが「M:I5 英国機密諜報部」。
BBCですが、Huluでリチャード演じるルーカス・ノースが主役のシーズン7~9が
配信されています。
これが脚本だいじょうぶかと言いたくなるくらいの容赦ないストーリーで、見てる間に
何回「つらい」と言ったか分かりませんし、シーズン9に関してはうっかりネタバレして
辛すぎて未だに手をつけられていない状態ですが、ルーカスめっちゃくちゃスマートで
惚れるので是非!!リチャードの綺麗なブルーアイと横顔がたくさん楽しめます。

ところでホビット三作目のサブタイトル、「ゆきて帰りし物語」って結構、けっこう好き
だったのですが……。旅の終わりと、悲劇の感傷と、故郷の愛しさが入り混じっていて、
この題名だけでも泣けます。これアナウンスしたかったなあ…。


あとは今一番アツいX-MEN!!次にまわします
プロフィール

めとっく

Author:めとっく
・面倒くさがりなotk(腐ってます)
・ジョジョや無双とかにお熱。
・最近のヒットアニメはSAMURAI7
・幕張メッセっていいところだよね
・ゲームミュージックが大好き

最近の記事
カテゴリー
下にいくほど厨二病
YouTubeLightⅢ

developed by 遊ぶブログ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。